ビットコインの到達確率が計算できる便利ツール

皆様、こんにちは! 通貨オプショントレーダーの「くりぷとルーレット」です。

この記事では、米国の仮想通貨(暗号資産)オプション取引所 LedgerX社のウェブサイトで閲覧できる便利な機能についてご説明いたします

この機能を使うことで、誰でも今すぐ『オプション市場が織り込むビットコイン価格の到達確率』を確認することができるようになります。無料ですので、是非ご活用ください!

さて、皆さんは「ビットコイン価格が2019年中に50,000ドル(=5,350,000円)に到達する確率はどのくらいなのか」と気になったことはありませんか?

こういう時、オプションディーラーは自身のプライシングツールで「12月末行使期日・50000ドル行使価格のワンタッチオプションのオプション料」を弾き出すわけですが、いざ計算しようとすると、スマイルカーブを引いたり、エクセルでややこしい計算式を作ったりと色々面倒です。

こういう時、LedgerX社が提供する下記ツールを使えば、5秒で計算できます

以下に具体的な使い方を解説いたします。

手順1

まず最初に、LedgerX社のウェブサイトにアクセスします(https://www.ledgerx.com

手順2

チャートが2つ並んでいるウィンドウの左下に「help」と入力します(添付イメージご参照)

出所: LedgerXより作成

手順3

展開された画面の左下に「chance」と入力します(添付イメージご参照)

出所: LedgerXより作成

手順4

更に展開された画面の左下に「chance btc touches 50000 december 28 2019」と入力します(添付イメージご参照)。

尚、50000の部分や、december 28 2019の部分は自由に変更可能です。もし来年3月末までに30000ドルに到達する確率を見たければ、「chance btc touches 30000 march 31 2020」 と入力すれば大丈夫です!

出所: LedgerXより作成

計算結果(到達確率)

上記1〜4の手順の結果がウィンドウに出力されます。

LedgerXのスマイルカーブ(アットザマネーデルタニュートラルストラドル、リスクリバーサル、バタフライ)に基づく、「2019年12月28日までに50000ドルに到達する確率」は、15.60%であることが分かります!

出所: LedgerXより作成

このようにLedgerXが提供するツールを使うことで、簡単且つ素早く到達確率(ワンタッチオプションのプレミアム)を計算することが出来ます。トレードの際や、相場観を組み立てる際に、是非ご活用ください

尚、先程は「chance btc touches 30000 march 31 2020」と入力しましたが、touchesの部分をaboveやbelowに変更すれば、当該オプションが行使期日時点で上(or下)にいる確率となりますので、即ちデルタ値を計算することになります

touchesならワンタッチオプションのプレミア料
above or belowなら当該オプションのデルタ値となります

あわせて覚えておきましょう!!

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
くりぷとルーレット

某金融機関の通貨オプションディーラー出身。G10からエマージング、バニラからエキゾまで幅広く担当。長期に亘る英国ロンドンでのトレーダー勤務を経て転職。現在はデジタル戦略関連部署に在籍。

くりぷとルーレットをフォローする
オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました