仮想通貨オプション取引所のカットオフタイム(行使時間)と取り扱い通貨のまとめ

皆さま、こんばんは!  コインカレッジ編集部 です🌻

米インターコンチネンタル取引所(ICE)が設立したBakkt(バックト)は『2019年12月9日(月)』より米シカゴマーカンタイル取引所(CME)は『2020年1月13日(月)』より、ぞれぞれ仮想通貨オプション取引サービスをローンチする旨を発表しました(※Bitfinexも2020年第1四半期中にオプション取引所ビジネスへ参入する旨表明済み)。

これを受けて、仮想通貨オプション市場は、差金決済型オプション市場のDeribit(オランダ)Binance Jex(セーシェル共和国)CME(米国)、現物決済型オプション市場のLedgerX(米国)Bakkt(米国)の計5社が、今後、ユーザー獲得を競って厳しい競争を繰り広げることとなります。この記事では、市場参加者の間で何かと注目される「カットオフ」「取り扱い通貨」について整理したいと思います。

オプションカットとは?

オプションカット(カットオフタイム)とは、オプション取引における「権利行使時間(=保有するオプションを行使できる最終時間)」を指します。もしあなたが、オランダの仮想通貨オプション取引所Deribitで「行使期日:2019年11月1日(金)」のオプションを保有している場合、同日・日本時間17時(UTC8時)に、当該オプションの行使(差金決済)or放棄が自動的に行われることとなります。

この「日本時間17時」のことを、「カットオフタイム」と呼びます。

伝統的なFXオプション市場であれば、「東京カット(日本時間15時)」と「NYカット(NY時間10時)」の2種類が有名ですが、仮想通貨オプション市場の場合は、取引所毎にカットオフタイムが異なりますので注意が必要です

FXオプション市場の「行使期日」については、下記の記事をご参照ください。インターバンク市場における具体的な「行使」のやり取りの詳細を記載しております。

なぜオプションカットが注目されるのか?

オプションのカットオフタイムが注目される理由は、「オプションの買い手によるガンマ操作(行使価格の上側で現物売り、行使価格の下側で現物買いを行う操作)を通じて、実勢相場がカットオフに向けて行使価格近辺に吸い寄せられる傾向」があるからです。

インターバンク市場では、この現象をマグネット効果と呼ぶことが多いです。

FX関連のニュースにおいても「今日のNYカットのドル円110.50に3000mioUSDの巨大ピンが観測される」等と報じられることがありますが、これは「本日のNYカット(NY時間朝10時)にかけてドル円が110.50近辺に吸い寄せられる可能性があるので注意して下さい」と読み替えることもできます(勿論、必ずそうなるとは限りません)。

取引所別オプションカットオフタイム一覧

ファンダメンタルズやテクニカルでは説明できないオプション特有のトリッキーな動きを予想する上で、オプションカットオフの時間を把握することはとても重要です。全て日本時間に置き替えて丸暗記しておくことをオススメします!

Deribit(オランダ)
日本時間17時(冬時間も夏時間も同じ)

Binance JEX(中国系 ※本店登記はセーシェル共和国)
日本時間17時(冬時間も夏時間も同じ)

LedgerX(米国)
冬時間は日本時間6時(夏時間は日本時間5時)

CME(米国)
冬時間は日本時間1時(夏時間は日本時間24時)

Bakkt(米国)
冬時間は日本時間8時(夏時間は日本時間7時)(⇦筆者予想)

2019年は、欧州が10月27日に、米州が11月3日に、それぞれ夏時間から冬時間へ切り替わり済みです

取引所別取り扱い通貨ペア一覧

各オプション取引所の取り扱い通貨ペアは下記の通りです。

Deribit(オランダ)
BTCUSD、ETHUSD

Binance JEX(中国系 ※本店登記はセーシェル共和国)
BTCUSDT、ETHUSDT、LTCUSDT、EOSUSDT、BNBUSDT

LedgerX(米国)
BTCUSD

CME(米国)
BTCUSD

Bakkt(米国)
BTCUSD

仮想通貨メディアCoinCollege(コインカレッジ)では、オプション取引に関する記事や勉強会(オンラインセミナー)などをどんどん配信していきますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します有料コンテンツはNoteを中心に販売していく予定です。

Deribitの口座開設はこちらから(手数料がディスカウントされます!)
口座開設方法については、
こちらの記事をご参照ください!

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
CoinCollege∛編集部

CoinCollege∛編集部。インターバンク市場の第一線で活躍したオプションディーラーやストラテジスト、証券化ストラクチャラーなど金融プロフェッショナルで構成。メンバー全員が金融機関に在籍。

CoinCollege∛編集部をフォローする
オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました