LedgerXのマーケットコメンタリー 8月号を読んで

LedgerX Market Commentary(8月号)の概要

米国の仮想通貨(暗号資産)オプション取引所LedgerX社より、9月11日付けでLedgerX Market Commentary(8月号)が発表されました

同レポートによると、同社は、8月のBTC相場の膠着にも関わらず、契約数及び出来高の過去最高記録を更新したとのことです

LedgerX posted another strong month in light of a broader market slowdown in August. Overall BTC/USD spot market volume was down ~20% MoM in August while LedgerX matched record high contracts/notional traded and cleared.

出所:LedgerX Market Commentary

また、目立った取引として、下記を挙げております

つまり、当該オプションの売り手は、43.5Kドル(500BTC×87ドル≒約470万円)のオプションプレミアムを受け取ることになります

Record trade on August 26: 500 contracts of the September 2019, $15,000 strike call options traded at $87.00 per contract. The seller collected $43.5k in premium at roughly a 70% implied volatility. This trade implies a roughly 5% likelihood that bitcoin is above $15k by the end of September.

出所:LedgerX Market Commentary

当該オプションに関する筆者の考察

2019年9月27日行使期日のオプションは、Bakktローンチ日(9月23日)を含むGood Dateオプションとなります。現在のスポット水準が10000ドル近辺であることを考慮すれば、残り2週間で15000ドル超えの可能性は低いように感じますが、何が起こるか分からないのがビットコイン相場です。

万が一、9月27日に向かって15000ドル近辺まで上昇した場合、当初はオプション買い手による「利食い」が先行し、相場を止める方向(この場合、15000ドルで売り圧力)に力が働きますが抜ければ、今度はオプション売り手によるロスカット(この場合、15000ドルより上での買い圧力)が発動しますので、相場を上方向に加速させることになります。オプション絡みのデルタフローに注意が必要です。

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
くりぷとルーレット

某金融機関の通貨オプションディーラー出身。G10からエマージング、バニラからエキゾまで幅広く担当。長期に亘る英国ロンドンでのトレーダー勤務を経て転職。現在はデジタル戦略関連部署に在籍。

くりぷとルーレットをフォローする
オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました