差金決済型オプション市場におけるデルタ調整について

皆さま、こんにちは! コインカレッジ編集部です!

運営メンバーの一人のsatogramさんの下記ツイートに対して、複数名の方々からご質問を頂きましたので、以下に詳細を説明いたします! 

個人投資家中心の仮想通貨オプション市場において、カットオフ前のデルタ調整の需給を見極めることはとても大切です

尚、現物決済型オプション市場と、差金決済型オプション市場の場合で、デルタ調整の有無が異なる点に留意が必要です。我々が注目しているのはオランダの仮想通貨取引所deribitですので、「差金決済型オプション市場」のケースとなります。この記事は双方のケースにおけるキャッシュフローの流れを説明いたします。

説明をするにあたっての前提条件

・BTCUSD相場が8000ドルの時に、オプション市場でOTMプット(7500ドル)を1BTC購入
・その後スポットが運よく7000ドルまで下がったので、ITMに化けた7500ドルPUTをそのままオプションとして利確(売り戻す)のでは無く、BTC現物を1BTCロングにすることで経済効果的に利確
・カットオフの時点でspotは7300ドルに反発。決済を経て、ポジションはスクエアに。

現物決済型オプション市場の場合(LedgerXやBakkt)

①Spotが8000ドルの時にプットオプションを購入。BUY 7500-PUT in 1BTC
②その後スポットが7000ドルまで急落したので、ポジションを経済効果としてスクエアにする為にBTC現物を購入。BUY BTCUSD in 1BTC @7000
③カットオフ・レートは7300ドル。7500-PUTはITMになっているので、SELL in 1BTC @7500が新規で立ちます。
④上記②で作ったBUY 1BTCと、上記③の行使為替で生まれたSELL 1BTCが相殺されることでポジションは完全にスクエアに(上記①のオプションはカットオフを迎えたことで失効済み)

差金決済型オプション市場の場合(deribitやbinance jex、CMEなど)

①Spotが8000ドルの時にプットオプションを購入。BUY 7500-PUT in 1BTC
②その後スポットが7000ドルまで急落したので、ポジションを経済効果としてスクエアにする為にBTC現物を購入。BUY BTCUSD in 1BTC @7000

——————-ここまでは現物決済型の時と同じ —————–

③カットオフ・レートは7300ドル。7500-PUTはITMになっているので、SELL in 1BTC @7500が立つと同時に、差金決済分のBUY in 1BTC @7300が同時に立ちます。

——-ん??上記②のトランザクションが浮いてしまっているのでは?——–

④そうなんです。差金決済の場合は、上記②をきっちり売り戻す(デルタ調整を行う)必要があります。従って、最後にSELL BTCUSD in 1BTCが発生します。

重要なポイントは、この④の部分です。

まとめ

差金決済型オプションの場合は、ITMオプションをデルタで利確した分を忘れずに反対売買しなければなりません。今回のように、スポットが急落した場合(当初OTMだったものがITMになっている建玉が極めて多い状況下)は、カットオフ前後でこうしたデルタ操作が急増する可能性がありますので、その需給を見極めることが大切です

仮想通貨メディアCoinCollege(コインカレッジ)では、オプション取引に関する記事や勉強会(オンラインセミナー)などをどんどん配信していきますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
CoinCollege∛編集部

CoinCollege∛編集部。インターバンク市場の第一線で活躍したオプションディーラーやストラテジスト、証券化ストラクチャラーなど金融プロフェッショナルで構成。メンバー全員が金融機関に在籍。

CoinCollege∛編集部をフォローする
オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました