米LedgerX社が仮想通貨Miniオプションの提供開始を発表

米国の仮想通貨オプション取引所「LedgerX」が、仮想通貨オプションMiniのサービス提供の開始を発表しました。

以後、LedgerX社での最低取引オプション金額は「0.01BTC」まで引き下げられる事となります

オランダの仮想通貨オプション取引所Deribitの最低取引オプション金額は「0.1BTC以上」Bakktオプションは「1BTC以上」CMEオプションは「5BTC以上」となりますので、LedgerX社の今回の決定は、「小口フロー」を取り込む戦略に出てきていると捉えることも出来るでしょう。

出所:米LedgerX社より作成

仮想通貨オプション市場はこのところ急拡大を続けており、2020年1月には5社競合時代が幕開けします。更に、足元ではBitfinexのオプション市場参入の報道などもあり、来年は仮想通貨オプション取引所が世界的に乱立する1年となりそうです(現物市場や先物市場が乱立したのと同じように)。

出所:CoinCollege編集部で作成

仮想通貨オプション取引所の乱立は、控えめに言って「良いこと尽くめ」です。オプション勢にとっては、様々なアービトラージ機会が生まれるからです(例えばカット間スプレッド等)。

具体的な方法については、また別の機会にご紹介したいと思います!

尚、11/12に発表されたCMEオプションについては下記記事をご参照下さい!

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
CoinCollege∛編集部

CoinCollege∛編集部。インターバンク市場の第一線で活躍したオプションディーラーやストラテジスト、証券化ストラクチャラーなど金融プロフェッショナルで構成。メンバー全員が金融機関に在籍。

CoinCollege∛編集部をフォローする
オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました