今話題のBAKKTとは?仕組みを徹底解説①

BAKKTの概要

  • ニューヨーク証券取引所(NYSE)を所有するインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、CFTCの承認を受け、2019/9/23付で既存の先物決済機構であるICE Clear USをプラットフォームとするBTCのDaily Futures毎日Expireする先物で受け渡しはT+2)及び Monthly Futures毎月第三水曜日にExpireする先物で受け渡しはT+2の金曜日)の現物決済型先渡取引を開始しました。
  • Bakktは仮想通貨(現状BTCのみ)の適格カストディ機関として、現物のウォレット保管(ウェアハウジングソリューション)の役割を提供します。ウォームとコールドウォレットに保管されるBTCは保険会社により$125M(約135億円)を上限とした保証が付保。また、ICE自身もBTCの先物取引に限定した損失補填を$35M(約37.8億円)までカバーします。
  • さらに信託業務における世界最大手の1社であるBNY Mellonとも保管業務について協働検討中で、サービス強化を図る狙いのようです。
  • Bakktは、当初よりBCG(ボストンコンサルティンググループ)、スターバックス、マイクロソフト等と協働することを発表していましたが今後のサービス展開は未公開の状況です。
  • 元CoinbaseのAdam White氏がCOOとして参画し、CFTCの承認獲得に大きく貢献した模様。
  • Bakktの投資家はBCG, CMT Digital, Eagle Seven, Galaxy Digital, Goldfinch Partners, Alan Howard, Horizons Ventures, Intercontinental Exchange, M12(fka Microsoft Ventures), Pantera Capital, PayU the fintech arm of Naspers, Protocol Ventures の計12社。
  • ローンチ時のBakktは、ウェアハウジングソリューションに限定したサービス提供を行っていますが、仮想通貨の数少ない適格カストディ機関として、将来的にはBTCのレンディングサービスの提供を視野に入れていると見られます。

取引などについてまた次回に続きます!

タイトルとURLをコピーしました