今話題のBAKKTとは?仕組みを徹底解説③

各種手数料

BAKKTを利用する際に係る各種手数料のうち公表されているものは以下の通りです。2019/3/31までは1及び2の手数料が免除されています。取引及びクリアリング手数料

1. 取引及びクリアリング手数料

  Daily Futures Monthly Futures
Screen Trades(一般取引) $1.00/contract $1.25/contract
EFP & Block Trades(大口取引) $1.60/contract $1.85/contract

2. デリバリ手数料
一律 $9.75/contract

3. 価格データフィード手数料
手数料の金額未定。IFUSユーザーでない場合に2020/6/30以降に発生する予定。

4. FCMへの手数料
取引参加者の信用力によって異なる(Brokerage fee)

想定されるBakktのメリットデメリット

(メリット)

  • CFTCの監督下にあることで、既存金融取引に則して、見せ玉などの不公正取引が排除され(厳格な罰金制度により)、価格の透明性が確保される。
  • ICEのプラットフォームで既存の商品先物等に加え、BTC先物(1day&1mo)を取引でき、機関投資家の流入が期待される。
  • 機関投資家が大口でBTCを保有する場合でも、Bakktが全て保管・保証してくれる。プライベート鍵を個社で管理する必要がない。
  • 大手取引所やマイナーが保有する大量のBTCをBakktに保管することも可能。
  • 口座開設にかかるKYC・AML対策がFATFの要求する既存金融の水準に維持される。
  • 先物取引に現物決済が伴うため、現物市場を実現。BTCの一物多価の解消に繋がる。
  • レバレッジ取引および空売りが可能となった。

(デメリット)

  • 急遽現物を引き出したい場合に、時間と枚数の上限制約がある。
  • 口座開設のハードルが高く(クリアリングブローカーによる精査が必要)、英語ベースの書類のやりとりも必要となる。

BAKKTが齎すエコシステム

BAKKTがETFよりも注目される理由はこのエコシステムにあります。今日の仮想通貨市場は、出来高の小ささが影響して、取引所ごとに仮想通貨の価格が異なる一物多価の問題を抱えています。CBOE(2019/6にサービス提供終了)やCMEのビットコイン先物とは異なり、現物受渡しを伴うBAKKTは、現物価格に直接影響を与える公算が大きいです。既存の金融機関は非常に保守的な上、様々な法規制・自主規制の元で新しいことを始めようとすれば稟議手続・決裁手続・モニタリング・報告業務などの観点で整備が必要となりなかなかすぐに参入というわけには行きませんので、現時点でBAKKTの出来高が少ないのも想定の範囲と言えます。しかし、BAKKTのエコシステムに徐々に機関投資家の参入が実現すれば、価格の透明性向上を通じて市場の健全化が一気に進むことが期待されます。

satogram

仮想通貨メディアCoinCollege∛の編集長。規制動向及び業界動向を担当。国内外金融機関で金融商品のストラチャリング業務、セキュリタイゼーション業務、バイサイドリサーチ業務に従事。

satogramをフォローする
業界動向
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました