規制動向

規制動向

米SECメンバー Peirce氏の「セーフハーバー・ルール」について

米証券取引委員会(SEC)の委員メンバーの1人であるHester M Peirce(発音:へスター・ピアース、グーグル表記:へスター・パース)氏は 2020年2月6日、シカゴで開催された国際ブロックチェーン会議に登壇し、現行規制と非中央集...
規制動向

IOSCOが暗号資産取引プラットフォームの評価方法に関する報告書を公開

世界の証券監督当局などで構成される国際機関、証券監督者国際機構(IOSCO)は12日、暗号資産取引プラットフォーム(crypto-asset trading platform, CTP)に関連する課題とリスクに係る報告書「Issues, ...
規制動向

金融庁が暗号資産のレバレッジ規制を2倍に?投資家からも交換業者からも反発必至か

日本経済新聞社は1月11日、「金融庁が暗号資産に係る証拠金(レバレッジ)倍率の上限を2倍とする新方針を固めた」旨を報じました(参照)。これを受けて、ツイッター上でも多くの方々から不満の声が寄せられています。 特にビジネス面で大きな影...
規制動向

暗号資産デリバティブ取引、自己資本規制適用か

国内では仮想通貨交換業者の登録が進み、現在合計22社に上りますが、有料日系メディアによると、暗号資産デリバティブ取引に関して、法改正により金商法が適用されるため、現在策定中の内閣府令案で、暗号資産を取り扱う交換所にも、証券会社と同水準の厳...
規制動向

中国深セン証券取引所、”SZSE BlockChain 50 Index”の構成銘柄一覧!DCEPに関連する企業は?

中国の深セン証券取引所(SSE)は24日、ブロックチェーン関連株式のパフォーマンスを反映する"SZSE BlockChain 50 Index"をローンチしました。同指数はSSEに上場するブロックチェーン関連企業から、過去6ヶ月間の日次平...
規制動向

米国公認会計協会(AICPA)が暗号資産の会計処理に関する実務手引書を公表

米国公認会計士協会(AICPA)は17日、暗号資産の計上方法に関する実務手引書を公表しました。同手引書は、公式基準には相当しない(Nonauthoritive)ガイダンスで、業務遂行及び判断の参考資料に位置付けられます。 実務手引書...
規制動向

速報:バーゼル銀行監督委員会(BCBS)が暗号資産に関するパブリックコメントを募集開始!

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は本日、暗号資産の規制方針に関して意見募集(パブコメ)を実施することを公表しました。締め切りは2020年3月13日となっており、教育機関・金融機関・中銀・財務省・決済機関・IT企業をはじめ全ての市場関係者・・・
規制動向

諮問委員会はICO(STO)の会計基準策定をASBJ(企業会計基準委員会)に提言し、ASBJはこれを承認。

金融庁の企業会計審議会の役割を引き継ぐ、日本の会計基準を策定する企業会計基準委員会 ASBJ(Accounting Standards Board of Japan・企業会計基準員会)は11/29、11/22付で行われた基準諮問会議の議事...
業界動向

国際金融センターのシンガポール「ビットコインやイーサリアムのデリバティブ取引解禁に動き出す」

アジアでは香港に次ぐ国際金融センターとして知られるシンガポールで、シンガポール金融通貨庁(MAS)が20日、ビットコインやイーサリアムに代表される「ペイメントトークン」のデリバティブ(金融派生商品)取引解禁に向けた規制案を公表しました。 ...
規制動向

仮想通貨投信、監督指針の改定で組成及び販売を禁止へ

金融庁が9/30付で公表した「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)に関して、10/31にパブリックコメントが締め切られ、年内にも同監督指針の改定を公表予定とのこと、日経新聞より報じられました。 今回の改定案では...
タイトルとURLをコピーしました