仮想通貨オプションDAILY「17時のオランダカットに絡むデルタ調整に要注意」191025

皆さま、おはようございます! コインカレッジ編集部です。

昨日はBakktがオプション取引(monthly futuresを原資産とするオプション取引)を12/9より開始することを発表しましたね!オプション市場は今後どんどん盛り上がっていくと思っています。

本日(10/25)より、仮想通貨オプション市場の簡単な「dailyレビュー」を始めました!
1分くらいで読めるボリュームにしてますので、宜しくお願いします。
オプション用語をそのまま使って(噛み砕かず)、実際にインターバンク市場で情報交換する時の感覚で書いていきますので、徐々に慣れて頂けると嬉しいです(勿論、理解が進むよう、初心者コンテンツや動画コンテンツも充実させていく予定です)。

オプション市場のレビュー(10/24)

一昨日海外時間帯のビットコイン暴落を受けて、朝方はガンマ需要からボラティリティがビッドアップ
しかし、①スポットロング勢のロスカットに一巡感が見られたこと、②7500ドルストライクが意識されたこと(7500ドルより上でのデルタの売り戻し圧力)、③ガンマの買い戻し(ロスカット)に一巡感が見られたこと等を背景に、スポットが膠着すると、10/25期日のボラティリティが少しづつ緩む展開に。現在は、手前(11/1)のボラティリティが最も低く、後ろ(来年6月足)が最も高い順カーブ形状に戻っております

尚、昨日上場した2020年6月物(半減期イベントが含まれるgood date)は予想より高く付けられた印象です。やはり、半減期に向かってのBTC上昇期待は大きいです!本件については昨日記事を書きましたのでご覧ください!

本日の注目ポイント(10/25)

本日の注目ポイントは、巨大ピン7500ドル(約1300 BTC)や8000ドル(約2700BTC)に絡むデルタ操作です。

当初otmで購入したオプションがitmになっている状態である為、差金決済後のdeltaの売り戻しに警戒が必要です(itmプットをデルタロングで期日前にsqにしている人が多いと予想される為)。カットオフレートが決定する16:30〜17:00頃はオプションカットに絡むデルタヘッジの需給が「売り」方向にぶれるリスクがありますのでご注意を

それでは、本日も宜しくお願いします!

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
CoinCollege∛編集部

CoinCollege∛編集部。インターバンク市場の第一線で活躍したオプションディーラーやストラテジスト、証券化ストラクチャラーなど金融プロフェッショナルで構成。メンバー全員が金融機関に在籍。

CoinCollege∛編集部をフォローする
オプション分析 相場分析 オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました