仮想通貨オプションDAILY「ビットコインは再び上昇。ガンマは明らかに不足気味」191028

皆さま、おはようございます! コインカレッジ編集部です。

10/25〜10/26の暴騰劇(一時112.4万円記録)の反動を受けて、昨日(10/27)は98.6万円付近まで急反落に転じました(約14万円の長い上髭)。伝統的な金融市場であれば、この長い上髭の前に意気消沈する場面ですが、仮想通貨市場は違います。ここから再び立ち向かう「バイタリティ」があります。この記事を書いている時点(朝6時30分)では、105万円近辺で推移するなど、112.4万円→98.6万円の丁度半値戻しを達成している状況です(※105万円近辺は利食い売りと新規買いがぶつかり合って激しく乱高下してます)

こうした力強い動きの背景には、①中国ファンダメンタルズ(習近平国家主席によるブロックチェーンの実装を推進すべきとの発言)を受けたBTC買い②上記①を受けたチャイナマネーの流入期待(QC経由)③オプション市場におけるガンマ消失(MMの体力低下を受けて市場へのガンマ供給が滞っている状態)の影響が挙げられます。

特に、上記①については、米中を巡る先行き不透明感が燻っているタイミングでの発言であること、先日のFBザッカーバーグCEOの議会証言時に議論された「デジタル人民元」の話が市場参加者の頭に残っていたことから、④証拠金勢による大規模なショートカバー⑤オプション勢(マーケットメイカー)によるガンマショートから出てくるデルタショート(BTCショート)のロスカットを誘発する形で、今回のような予想外の暴騰に結びついたと推察されます。

詳細はsatogramさんの下記の記事をご参照ください。

オプション市場のレビュー(10/27)

オプション市場は長い上髭を付けた後、ショートデートのローデルタ物(到達しなさそうな遠いストライク)を中心に売り込む動きが見られましたが、足元で再びビッドアップに転じております(明らかにガンマが不足していると思われます)。しばらくの間はガンマ(特にトップサイドCALL)を売ることは避けた方が良さそうですね。本来、マーケットメイカーがガンマを市場に供給することで、マーケットの値動きが落ち着きを取り戻すわけですが、今回の暴騰劇を受けてマーケットメイカー自体が傷んでいる為、現在は、ガンマを供給する人がどこにもいない状態です。個人投資家が値頃感でオプションを売る場合(ガンマを供給する場合)もありますが、証拠金維持率の問題ですぐに買い戻す羽目になります。

一方、ターバイ(プットオプションの売り)や、Buy/Sell(短期オプションを買いつつ、長期オプションを売却する戦略)には一定の需要が見受けられます。尚、リスクリバーサルは強烈なBTCコールオーバーです。従って、ガンマのパラメータだけが欲しいのでれば、スマイルカーブ上割安なダウンサイドPUTをデルタヘッジ付きで購入するのもありかもしれません

本日の注目ポイント(10/28)

本日の注目ポイントは、CMEやBakktなど土日が閉まっているプレイヤーがどのような反応を見せるかです。CMEは本日午前8時にオープンBakktは午前9時(preは午前8時55分)にオープンしますので、その時間帯は注意が必要です。

それ以外で注意すべき点は、MMが保有しているであろうVanna(バンナ)や、Volga(ボルガ)といった、2ndデリバのパラメータ変動です

①Vannaとは「IVが変動した際のデルタの変化率」を表します。MMは恐らくネガティブVannaですので、IVが上昇すると、「デルタショートブレ→BTC現物をロスカット購入」しなければなりません

②Volgaとは「IVが変動した際のベガの変化率」を表します。MMは恐らくネガティブVolgaですので、IVが上昇すると、「ベガがショートブレ→オプションをロスカットで購入」しなければなりません

前者①はスポットの上昇を助長させる効果後者②は本来オプションを供給する側のMMがオプションの購入側に回らなければならないことを通じて、市場へのガンマ供給(相場を落ち着かせるパラメータ)が滞ることを意味します

なぜ、MMがネガティブVannaやネガティブVolgaになるのかについては、別の記事で説明いたしますね(今日か明日に執筆します)。

それでは、本日も宜しくお願いします!

=======免責事項=======
本記事は一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。
CoinCollege∛編集部

CoinCollege∛編集部。インターバンク市場の第一線で活躍したオプションディーラーやストラテジスト、証券化ストラクチャラーなど金融プロフェッショナルで構成。メンバー全員が金融機関に在籍。

CoinCollege∛編集部をフォローする
オプション分析 相場分析 オプションコラム
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました