日曜日のビットコイン価格の傾向について(直近4ヶ月間のデータで検証)

皆さま、こんにちは!コインカレッジ編集部 です🌼 

この記事では、2019年9月1日〜2019年12月28日の60分足データを用いて、日曜日のビットコイン価格の傾向(①日曜日は動き易いのか? ②日曜日の動き易い時間帯はいつか? ③日曜日は上がり易いのか?など)について分析したいと思います。

ビットコイン価格の曜日別平均値幅(ドル)

直近4ヶ月(9月1日〜12月28日)で最も動いた曜日(60分足ベース)は「水曜日」となりました(平均値幅は73.6ドル)。反対に、最も動かなかった曜日はダントツで「日曜日」となりました(平均値幅55.6ドル)

明日から始まる「日曜日」が 1週間の中で「最も動きにくい」曜日であるという事を頭の片隅に入れておけば、以下2つの観点で何かと役に立ちます

①トレンドレス(ノイズ)な相場環境下での余計な直物ディールを回避出来きる(意味の無い損切りの繰り返しを避けることが出来る=待つのも相場)。

②膠着相場でインプライドボラティリティが下がり易くなる為、オプションを買うチャンスを冷静に探れる(私の場合、日曜日の日本時間夕方 or 水曜日の日本時間朝方にオプションを買うようルール化しております)。

この記事の曜日別分析は「60分足ベース」の平均値幅ですので、日足ベースでは無い点に留意が必要です。つまり高頻度ボラティリティ(High frequency Volatility)の観点で検証しております。

出所: CoinCollege編集部で作成

日曜日のビットコイン価格の時間別平均値幅(ドル)

次に、日曜日の時間帯別平均値幅を確認します。日曜日の中で最も動き易い時間帯は「日本時間20時〜21時」第2位は「日本時間1時〜2時」となります。一方、日本時間7時〜20時までは動かない傾向にあります。その中でも特に11時〜16時は平均値幅が40ドル台の低ボラティリティ時間となります。この時間帯はオプション価格が特に下がり易くなりますので、オプションを買いたい人は自身のBidを叩いて貰うチャンスが生まれます。

出所: CoinCollege編集部で作成

日曜日のビットコイン価格の上昇回数 vs 下落回数

直近4ヶ月間の日曜日(計17回)を振り返ると、上昇した日(日本時間0時の始値と23時の終値の比較)は6回下落した日は11回となりました。日曜日は比較的下落する傾向が強いと言えそうです。上昇時(計6回)の平均値幅(上げ幅)は84.1ドル、下落時(計11回)の平均値幅(下げ幅)は84.8ドルとなり、値幅そのものは上昇時・下落時共に同水準です。

出所: CoinCollege編集部で作成

タイトルとURLをコピーしました