仏大手ソシエテ・ジェネラルが、史上初の中央銀行デジタル通貨(CBDC)で金融取引を決済

2020年5月20日、フランスの中央銀行(フランス銀行)は、銀行間規制の改善を目的に、ブロックチェーンベースのホールセール中銀デジタル通貨(CBDC)の決済に係る実証実験(2020年5月14日に実施)を行い、成功したことを公表しました。

ホールセールとは、個人顧客向けのリテール業務の対比として、機関投資家向け業務を指します。

仏大手ソシエテ・ジェネラルが、史上初の中央銀行デジタル通貨(CBDC)で金融取引を決済

フランス銀行の実証実験の最初の協力に選ばれたのは、仏大手金融機関のSociete Generale(ソシエテ・ジェネラル)でした。
ソシエテ・ジェネラルは昨年の時点でセキュリティトークンでカバードボンドを発行した実績があります。

【関連記事】

今回の実証実験では、発行体ビークルのSociete Generale SFHを通じて、4000万ユーロ(約47億円相当)のカバードボンドをパブリックブロックチェーンに直接セキュリティトークンで発行しました。

前回同様、債券は全額ソシエテ・ジェネラルが引き受けていますが、前回の決済がユーロで行われたのに対し、今回は新たにフランス銀行が試験発行したCBDC・デジタルユーロが用いられ、end-to-end(両端)でブロックチェーンシステムが活用されました

これにより、インターバンク間の金融決済はCBDCで実行できることが実証されたと言えます。

ソシエテ・ジェネラル曰く、実験は、テクノロジーの進化によって、決済システムと金融インフラの効率化と流動性向上がもたらされ、より円滑に資金調達を確保できるかを特定することを目的に行われております。そして今まさに、マーケットインフラの簡素化とセキュリティの強化により、支払いプロセスの自動化と短縮の道が切り開かれようとしています。

そして、欧州で法制が整っているカバードボンドという商品による実証実験は、カバードボンド自体の将来的な流動性向上を狙う意図もあるのではないかと考えています。

ソシエテ・ジェネラルは今後も徐々に規模を拡大して実証実験を続けていくとのことで引き続き注目が寄せられます。

参考(フランス銀行公式リリース
参考(ソシエテ・ジェネラル公式リリース

ワイン丸

外資系金融機関のファンドマネジャー・バイサイドリサーチ出身。社債投資・株式投資・為替運用・不動産投資・証券化商品投資を経験。英語・中国語・日本語のトリリンガル。海外情報担当。

ワイン丸をフォローする
ニュース
CoinCollege∛
タイトルとURLをコピーしました